歌恋文
篠田弘美公式サイト
Home
Profile
Sing&Play
Instruct&Support

2015年3月28日公演 篠田弘美 ソプラノリサイタル「夕鶴」
第10回 篠田弘美ソプラノリサイタル

今回で第10回となるソプラノリサイタル。記念すべき回に「夕鶴」を演じます。
荘厳で美しい、そして切ない夕鶴の世界観をソプラノと役者、そしてピアノ、シンセサイザーを織り交ぜながら
表現します。

夕鶴 ソプラノと役者による・・・
 作:木下順二   作曲:團伊玖磨
 

公演日時:2015年3月28日(土) 14:30開演(14:00開場)

ソプラノと役者による「夕鶴」

團 伊玖磨作曲の名作「夕鶴」の楽曲にのせて。登場人物はつうと与ひょうの二人だけ。
つうは鶴の化身。命の恩人である与ひょうのもとへ、美しい女に姿を変えて嫁にやってきます。
透明な響きが美しいソプラノの篠田弘美が演じます。その演技力にも注目です。
つうの命を助けた与ひょう。 実力と華のある舞台俳優のなみ悟朗が、表情・心情豊かに存在します。
他では類をみない、オペラと芝居の織りなす妙なる世界。
それぞれの分野で経験を重ねた篠田弘美となみ悟朗が、しっかりと息を合わせ、新しい舞台を披露します。
ささやかな幸せを祈るように願ったつうの心がきっと胸に迫ることでしょう。

出演 つう・・篠田弘美
与ひょう・・なみ悟朗
加藤清美(ピアノ)
田中恵美子(シンセサイザー)
日時 2015年3月28日(土) 14:30開演(14:00開場)
会場 岐阜市文化センター 小劇場
岐阜市金町5-7-2 TEL:058-262-6200
入場料 一般:2,500円  高校生以下:1,500円
チケットお取扱い 岐阜市文化センター / 岐阜マーサ21
お問い合わせ TEL :058-232-4385(篠田)
Eメール:hiromi.soprano◎gmail.com ※◎を@に変更してメールをお送りください。
公式サイト http://www.hiromi-soprano.com/
主催・後援 主催:歌恋文プロジェクト
後援:岐阜県芸術文化会議
あらすじ

むかしむかし、雪ふかい村で、与ひょうに命を助けられたつうは、やがて与ひょうの嫁になりました。
つうが与ひょうのために織る「鶴の千羽織」は、だれも見たことがない美しい布でした。
それを知った村人は金儲けをたくらみ、与ひょうをそそのかして布を織らせます。
布を織るたびに、つうは痩せていきます。そして、とうとう最後の布を織る日がきました。
あれほど布を織るところはのぞかないと約束したのに、与ひょうは見てしまったのです。
つうはもう、与ひょうの心が遠くはなれてしまったことを悟りました。
いつものように降り積もる雪。つうは悲しい決意をしたのです...。

出演者 プロフィール

与ひょう・・なみ 悟朗さん

岐阜市で生まれ育つ。
岐阜大学演劇研究会を経て、岐阜市の地域劇団はぐるまに参加。 劇団の俳優として、オセロ「郡上の立百姓」(再演)の定次郎、ミュージカル「11匹の猫」のにゃん太郎、「ピーターパン」のフック船長、コルチャック先生など。
作曲・演出として、ミュージカル「オズの魔法使い」「龍の子太郎」「ブンナ」など。
地域舞台文化支援として、市民参加(岐阜市、大垣市、各務原市、海津市、揖斐川町)のミュージカル、オペラ(オテロ、ラ・ボエーム)の演出。
オーケストラ、邦楽、合唱、日舞などと共演、構成・演出など。
地域の舞台のお手伝いをする「STAGING OFFICE 舞WAY」主宰。朗読サークル講師。

ピアノ・・加藤 清美さん

国立音楽大学 ピアノ科卒業。
ソロコンサートやオペラ・ミュージカルのピアニスト。 合唱、ソリストの伴奏などで幅広く活躍。
各務原市生涯学習講師。各務原市社会教育委員。

シンセサイザー・・田中 恵美子さん

名古屋音楽大学 音楽教育科卒業。
合唱団ピアニスト、声楽伴奏、作曲・編曲と幅広く活躍。
美濃市民音楽創作劇「四つ葉のコウゾ」作曲。歌と現代舞踏による二人舞台「照手と小栗」作曲。

パーカッション・・矢箟原 育代さん

国立音楽大学 ピアノ科卒業。
合唱・声楽の伴奏者として活躍。 ピアノ講師として後進の指導にあたる。

スタッフ
○演出 なみ悟朗
○舞台監督 浅野公蔵
○振付 島田恵
○音楽構成 田中恵美子
○練習ピアノ 矢箟原育代
○舞台操作 綜合舞台はぐるま
○かつら 神田かつら
○化粧 桐山なほみ
○着付け 村木さかゑ
○衣装協力 小木曽利代子
○デザイン 塚本知子
○写真撮影 小塩貞子

ページ上へ